世界

WHOは85カ国でコロナのデルタ変異体について警告します

デルタ亜種はドイツの新規症例の15%を占めました

米国の大手銀行JPモルガンは、コロナワクチンの詳細を提供するよう従業員に求めました

ニューヨーク:コロナウイルスよりもはるかに伝染性の高いデルタ変異体の85か国で患者が発見されており、それが続くと、世界のますます多くの場所に広がる可能性があると、世界保健機関は毎週警告しています。報告書。

6月22日に発表された毎週の流行データによると、コロナウイルスのアルファバリアントは170か国に、ベータバリアントは119か国に、ガンマバリアントは71か国に、デルタバリアントは85か国に広がっています。

4つのコロナのアルファ、ベータ、ガンマ、デルタの亜種は、懸念される亜種として宣言されています。 現在の流れが続く場合、デルタバリアントが支配的な系統になります。 日本で実施された研究によると、デルタバリアントはアルファバリアントより1.23倍伝染性があります。

一方、ドイツでは、アンゲラメルケル首相が議会に、コロナ感染を減らすための進歩がデルタ変異体を退化に変える可能性があることを考えると、ヨーロッパはコロナの流行に対処するのが難しい立場にあると語った。 ドイツでの新しいコロナ症例の15%は、デルタ亜型によるものです。

一方、米国最大のウォール街の銀行であるJPモルガンは、すべての従業員にコロナワクチンの接種を勧めています。 銀行は、コロナワクチンの接種を受けているかどうかを今月末までにフォームで従業員に提示する必要があります。

一方、政府の統計によると、英国では200万人以上が12週間以上コロナ症状に苦しんでいます。 寿命の長いコロナ症状は、パンクしたと見なされます。

一方、米国のシアトルの研究者は、Googleクラウドからコロナウイルスの13の遺伝子配列を発見したと主張しています。

1年前に武漢で発生した初期コロナ症例の200以上のサンプルから得られた遺伝子配列は、オンラインの科学データベースから姿を消しました。 これで、研究者はGoogleCloudに保存されているファイルをルート化するときにこのシーケンスを見つけました。 コロナウイルスがコウモリや他の動物から人間にウイルスがどこでどのように広がるかについての正確な情報を得ることができることが期待されています。

Close